メイン食材: 卵

旬の季節

メイン食材の特徴

卵は、玉子焼きやゆで卵など主役で楽しめる食べ方から、ハンバーグのつなぎとしてやお菓子の生地に混ぜ込むような食べ方まで楽しめる、まさに万能の食材。離乳食後半になると、少しずつ全卵を取り入れられるようになり、レパートリーはぐんとひろがります。十分に加熱する事を忘れずに、赤ちゃんの様子を見ながら卵を上手に取り入れて下さい。
(管理栄養士:冨田 絵里子先生より)

材料 ※約2食分

  • 赤ちゃんのための
    UMAMIだしささみ だしガラ1パック分
  • ごはん100g
  • 1個
  • オリーブオイル適量

作り方

  • 基本のおだし
    【もぐもぐ・かみかみ・ぱくぱく期】
    ①鍋に400mlの水と赤ちゃんのためのUMAMIだし ささみ 1パックを入れ、火にかける。
    ②弱火で沸騰後3分~5分煮出して、パックを取り出す。
    【だしガラ:かみかみ期以降】
    基本のおだしを引いた後、パックを破いて中身を取り出し、そのまま離乳食としてお使い下さい。
  • ボウルに溶いた卵とごはんを入れて、混ぜる。
  • ①に赤ちゃんのためのUMAMIだしささみのだしガラを加えて、混ぜ合わせる。
  • フライパンにオリーブオイルを熱し、②を一口サイズにして両面焼く。
    ※ お子様の状態に合わせて、出来上がり量の分量は調整してください。
    ※ 商品にはアレルギー物質「鶏肉」が含まれています。レシピで使用する食材のアレルギー物質をご確認の上お作りください。