メイン食材: 鯛

旬の季節

春, 冬, 一年中

メイン食材の特徴

鯛は天然と養殖があり、天然は晩秋から春にかけてが旬の魚です。春の時期は「桜鯛」と言われ、珍重されています。養殖は、一年中出回っています。  栄養価は疲労回復効果・新陳代謝を促進する成分・筋肉の成長、修復、強化を助ける成分を含んでいます。 また、体内の消化酵素を助けるビタミンB群、血行を良くするナイアシン、脳の機能を向上させるⅮHA、血管の柔軟性を高める働きのあるEPAも豊富に含まれています。 「めでたい」行事の多いこの時期にご活用ください。

材料 ※4人分

  • 400g
  • 440㏄
  • 大さじ2
  • 鯛の刺身1さく
  • 人参30g
  • 油揚げ1枚
  • まいたけ30g
  • おろし生姜小さじ2
  • カイワレ大根15g
  • いりごま大さじ1
  • 焼きのり全形 1/2枚

作り方

  • 米をとぎ水を加えて、炊飯器にセットする。
  • 人参はせん切りにする。
  • 油揚げは、細かめの短冊切りにし、ざるに入れて流水で油抜きをする。 ざるの中油揚げをしぼり、水気を切る。
  • まいたけは細かくほぐす。
  • 炊飯器にセットした米の上に、せん切り人参・水気をしぼった短冊切り油揚げ・まいたけ・鯛の刺身をのせる。 さらに上から塩昆布を全体に散らす。
  • 酒とおろし生姜を混ぜ合わせ、具材をのせた炊飯器に加えスイッチを入れ炊飯する。
  • カイワレ大根は根を切り落とし、2センチの長さにする。 焼きのりを刻む。(もみ海苔にしてもよい。)
  • 炊き上がったら、具材とご飯を混ぜほぐす。
  • いりごまを全体にまぶし、カイワレ大根、焼きのりを上に散らして出来上がり。