メイン食材: 蓮根

旬の季節

メイン食材の特徴

「あなが開いていて先の見通しが良い」とお祝い料理には、欠かせません。 肥沃な土の中で栽培される新潟の「れんこん」は、堀りとった後に直ちに箱詰め・出荷を行うため新鮮で、歯ざわり抜群です。 主な産地は長岡市、五泉市です。 ゆでる際に、酢を加えると粘りが消え、しゃきっとして歯ごたえが引き立ちます。 空気にふれると褐変し、他の材料も変色させるので、切ったらすぐに水に浸すことが大切です。 (新潟県ホームページより)

材料 ※4~5人分

  • UMAMIだし 鰹と昆布1パック
  • 500ml
  • 濃口醤油大さじ4
  • 味りん大さじ2
  • 砂糖小さじ2
  • 人参1本
  • 蓮根200g
  • ごぼう1本
  • こんにゃく1袋
  • 椎茸4枚
  • 鶏肉(もも)200g
  • いんげん適量
  • ごま油適量

作り方

  • 鍋に水とUMAMIだし 鰹と昆布を入れ中火弱にかける。沸騰してきたら火を弱め、3分煮出して取り出す。
  • 人参と蓮根は花形に切り、ごぼうとこんにゃく乱切りにする。椎茸は軸を取り4等分にし、鶏肉(もも)は一口大に切る。いんげんと人参はサッと下茹でをする。
  • 鍋にごま油を熱し、いんげんと人参以外を入れて炒める。鶏肉に火が通ってきたら、①のだし汁と調味料を加えて煮立たせる。
  • 5分程煮たら、一旦鶏肉と蓮根を取り出す。落し蓋をして中火弱で煮る。
  • 煮汁がほぼ無くなったら、いんげんと人参、鶏肉、蓮根を加え、鍋を揺すって炒り煮にする。